飛行機の旅

【ANAプレミアムクラス】1日で朝食、昼食、軽食、夕食を食す

私は2020年SFC修行解脱をしました。
羽田、那覇間をプレミアムクラスで
1日4レグするスケジュールを組んだ所
機内で提供される食事が
朝食、昼食、軽食、夕食となりました。

1日中機内移動での食事の模様と
食事の提供内容についてアップします。

朝食、昼食、軽食、夕食の時間

ANAプレミアムクラスでの食事提供は
10:29までの出発便を「朝食」
10:30〜13:29までの出発便を「昼食」
13:30〜16:29までの出発便を「軽食」
17:00以降の出発便を「夕食」
となっています。

引用  ANA

私が搭乗した便は
羽田7:30→那覇10:10は朝食
那覇11:00→羽田13:25は昼食
羽田15:40→那覇18:10は軽食
那覇21:05→羽田23:30は夕食
となりました。

プレミアムクラス機内食の内容

2020年9月に提供されたものです。

朝食

■マッシュルームのムース ドライレーズン
■合鴨のオレンジ風味と野菜のサンドイッチ
■チキンの明太子風味 ごぼうのサラダ
■メンチカツサンドイッチ
■フルーツ
(リンゴ、パイナップル、オレンジ)
■スープ
(フライドオニオンとタマゴのスープ)

昼食

■赤魚西京焼き、烏賊のちぎり揚げ
■胡瓜とイタヤ貝の黄身酢添え
■炊き合わせ(大根、しめじ)
■牛すき焼き *
■昆布帆立ご飯 *
■味噌汁*
*がついているものは温かい状態で
提供されます。

軽食

■大学芋と生ハムダイス ブルーチーズソース
■合鴨のオレンジ風味と野菜のサンドイッチ
■チキンの明太子風味 ごぼうのサラダ
■メンチカツサンドイッチ
■フルーツ
(リンゴ、パイナップル、オレンジ)
■有名シェフ監修のお菓子として
「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」の
マンゴープリンでした。
(このお菓子は搭乗便により
異なります)

夕食

米村 監修】
■野菜とスモークサーモンのミルフィーユ
■キノコのゼリー寄せ 人参ピューレ添え
■揚げ茄子の煮びたし マスカルポーネソース
■ミニペンネとカボチャのサラダ
■ハンバーグ デミグラスソース *
■枝豆とジャコのピラフ *
■味噌汁* 
*がついているものは温かい状態で
提供されます。

京都にある「米村」のシェフ米村昌泰氏が監修したコラボメニュー

ドリンクのおかわりは自由

アルコール類を含め
ソフトドリンク類の
おかわりは自由です。

引用 ANA

私は食事が提供されるたびに
シャンパンをオーダーしていました。
このシャンパンはクセがなく
とてもおいしかったです。

2021年5月から
ドリンクメニューでシャンパンが消えた!

2021年5月からドリンクメニューの中から
シャンパンがなくなりました。

引用 ANA

ワイン好きな方には
スパークリングワインや
赤や白のワイン
をオーダーして
おいしい機内食を楽しんで
いただければと思います。

クランチチョコの提供

私は食事後にソフトドリンクを
オーダーしていました。
ドリンクと一緒に提供される
クランチチョコ(2020年9月はLemon8)が
とてもおいしかったです。

軽食のマンゴープリンを、わざとおやつ代わりに残し、クランチチョコと緑茶で一息です

プレミアムクラスの機内食はメニューが変わる

10日毎

同じ路線でも提供される
食事内容が異なります。

同じ路線をたくさん搭乗しても
飽きることはありません。

朝食でも10日毎に内容が変わっています
引用 ANA

路線毎

路線毎でも提供される
食事の内容が変わります。

路線毎でもメニューのパターンがいくつもあります

例えば羽田から那覇便と
羽田から(松山や鹿児島のような)
その他空港の昼食のメニューを比較しても
内容が異なります。

路線でも提供内容が異なります
引用 ANA

まとめ

ANAプレミアムクラスの機内食は
搭乗便の時間帯、搭乗日、路線によって
提供される内容が異なり


飲み物もアルコール類をはじめ
ソフトドリンクも充実していて

ANAのサイトには記載のない
クランチチョコ、ナッツ
ラウンジにある、あられが
いただける場合があります。

たまには空の上で贅沢な
ひとときはいかがでしょうか?