飛行機の旅

【JAL】国内線なのに国際線仕様 JL208 中部/羽田搭乗記

国内線なのに国際線機材が運用されている
JL208便名古屋(中部)から羽田まで
搭乗した時のレビューです。

今回のフライトデータ

・搭乗日 2020年9月
・路線 名古屋(中部)→羽田
・航空会社 JAL
・便名  JL208
・使用機材 B737-800(738/73H)
・座席番号 45K(エコノミークラス)

国内線なのに国際線機材

JALの羽田・名古屋(中部)便では
国内線なのに国際線機材が充てられます。
JALのサイトで予約する際も
国際線仕様機材と表示されています。

引用 JALのサイトから

機内

今回のフライトはエコノミーで
足を伸ばしたいので非常席座席を選びました。
当初22Kの座席を予約してましたが
預け荷物がありJALのカウンターに行くと
事前に予約してた22Kの座席では
リクライニングができないので
リクライニング可能な非常席シート
45Kをすすめていただいたので
急遽変更しました。

そして従来のJAL国内線
エコノミーシートのブラックとは
対称のアイボリーっぽい座席となっています。

非常口をはさんでリクライニングができない22列目とリクライニング可能な45列目です

非常席リクライニングシートはおすすめ

リクライニングが可能で
さらに非常口シートなので
足元がとても広いです。
176cmの私でも余裕で足を伸ばせました。

個人用モニターもありますが
機内安全ビデオが流れた後は
使用できなく
さらにJAL国内線機内wifiは
国際線仕様の機体なので
利用できません。

しかし1時間弱のフライトなので
この2点に関しては
気にならないと思います。

クラスJは、さらにすごい!

この便ではクラスJになっていますが
国際線で飛行すればこの機材は
ビジネスクラス
JALスカイラックスシートです。

引用 JALのサイトから抜粋

搭乗日当日空港でクラスJに空席があったので
当日アップグレードを考えましたが
(当日アップグレードは1000円でできます)
非常席シートに乗った事がないので
今回はエコノミーにしました。

しかし飛行機を降りる時に
クラスJの座席を撮影させて頂きましたが
私のJAL搭乗歴では見た事のないシートで
後悔したほど素敵な座席でした。

羽田に到着

羽田に到着した時の
窓から見る第一ターミナル
Tokyo International Airportの
赤い表示を見ると
JALに搭乗してるんだと思います。

羽田第1ターミナル到着も
夜の10時近くだったので
人もまばらでした。

まとめ

国内線で今回のような
飛行機に搭乗する際は
JALのサイトで予約する時に
国際線仕様機材記載の有無を
確認して下さい。


今回私はエコノミーでも
非常口シートで搭乗しましたが
普通にエコノミーシートでも
快適に移動できると思います。


今では、なかなか行けない
近場の海外に行った気分に
なれるかも知れません。

当日アップグレードができるなら
クラスJに搭乗することも
おすすめします。

おまけ

今回JAL国際線で運用されている
機材なので、CAの皆様に
ご無理を言い、いろいろな写真を
撮らせて頂き、私の他にも
この便には飛行機好きな方が搭乗し
一緒に撮影していた所
CAさんのご好意で
こんな、かわいいモデルプレーンを
頂きました。

搭乗したら必ずもらえませんので、ご注意下さい

もったいなくて未だ
組み立てていません(笑)

地上係員、CA、さらにこの便に
携わった皆様に
お礼を申し上げます。
ありがとうございました☆

ABOUT ME
プチプチ旅行マニア
東京、名古屋間を 行ったり来たりの アドレスホッパー状態。 電車や飛行機を使った 旅行が大好きです。 このサイトを見て 旅行に行きたくなれば 幸いです。 旅行以外で好きなものは スイーツ、ラーメン、ハンバーガー カフェ、ワイン、モダンアート 現代建築、お笑いなど いろいろあります。 よろしくお願いします☆