鉄道の旅

【東北新幹線】E5系普通車 乗車目的別に座席選びのポイントを解説します

JR東日本の東北新幹線
はやぶさや、やまびこ、なすの号で
運用されているE5系普通車の
座席選びのポイントを
乗車目的別に解説します。

この記事では

東北新幹線普通車の座席の選び方や
座席設備を知りたい。

という悩みを解決できる
内容になっています。

東北新幹線E5系

E5系はJR東日本の東北新幹線で
運行している列車で 
JR北海道の北海道新幹線にも
乗り入れています。

豪華なシートで有名なグランクラスや
グリーン車も連結しています。

乗車目的別、座席選びのポイント

旅行やビジネスなどで
おすすめの座席が変わるので
乗車目的別に、おすすめの座席選びの
ポイントを解説していきます。

東北新幹線E5系は
東京方面の車両が1号車 
座席は東京方面が1列目になります。

引用 JR東日本

この座席配列から目的別に応じた 
選び方を解説します。

車窓を楽しむ場合

車窓を楽しむ場合窓側の  
各車両AとE席になります。

特にE席は東京方面から乗車しても
新青森、仙台方面から乗車しても
東北地方の山の景色が楽しめるので  
おすすめです。

車内移動をよくする場合

お手洗いやスマートホンで電話を
利用するために、デッキに
よく移動する場合は   
通路側のCとD席がおすすめします。

充電コンセントを利用したい場合

移動中にスマートホンや   
ノートパソコンの充電をしたい場合は
各車両窓側のAとE席と
最前列に充電用コンセントがあります。

最前列の座席は
東京方面と新青森、仙台方面で
変わります。

東京方面は各車両
1A〜Cと2D・E席

新青森、仙台方面は
号車によって、さらに最前列が
変わります。

1号車の場合は6列目
2号車の場合は20列目
3号車の場合は17列目のように
号車ごとに変わります。

きっぷの予約購入時には
気をつけてください。

2015年以降に製造されたE5系や
JR北海道のH5系には各座席に
コンセントがついていますが
どの車両が運用されるのかは   
乗車するまで分かりません。

確実に充電コンセントを利用したい場合は
窓側と、各車両最前列の座席をおすすめします。

広めのシートテーブルを利用したい場合

普通車にはシートテーブルがあります。
   
最前列のシートテーブルは他の列より
大きいものとなっています。

東京方面なら各車両1A〜C席と2D・E席。
新青森、仙台方面は号車によって
最前列が異なります。

1号車の場合は6列目
2号車の場合は20列目
3号車の場合は17列目のように
号車ごとに変わります。

ただ他の列のシートテーブルでも
乗客がノートパソコンを利用している方が   
何人かいました。

特に最前列のシートテーブルに
こだわりがない限りは
最前列以外のシートテーブルでも
大丈夫です。

人に気をつかうことなく座席を倒したい場合

リクライニングを他の乗客に
気を使わず倒せるのは
各車両最後列です。

新青森、仙台方面の場合   
1A〜C席と2D・E席が最後列です。

東京方面は号車によって
最後列が異なります。

1号車の場合は6列目
2号車の場合は20列目
3号車の場合は17列目のように
号車ごとに変わります。

おおきな荷物をのせる場合

各号車1DとE席となる場所に
大きなスーツケースを置ける
荷物置き場があります。

各車両1A〜C席は荷物置き場の  
横の座席となるので  
荷物置き場の荷物が心配という方には
おすすめです。

東北新幹線E5系普通車を利用する時の注意点

E5系は東北新幹線「はやぶさ号」をはじめ
「やまびこ号」や「なすの号」でも
運用されているので  
利用時の注意点をあげていきます。

はやぶさ号の運賃はやまびこ・なすの号より高い

「はやぶさ号」は速達便なので
(東海道新幹線の速達便は「のぞみ号」)
他の東北新幹線「やまびこ号」や
「なすの号」より特急料金が
高く設定されています。

そのため運賃が「やまびこ号」や
「なすの号」より高くなっています。

東京駅から仙台までの主要駅の運賃です。

※1 はやぶさ号は大宮を出ると
仙台まで停まりません。

※2 なすの号は那須塩原行きの
新幹線です。

  宇都宮 福島 仙台
はやぶさ※1 11,410円
やまびこ 5,020円 9,110円 11,090円
なすの※2 5,020円

(例)東京と仙台間の移動の注意点

少しでも安く乗車したく
やまびご号を利用する場合
途中駅で、はやぶさ号に
追い抜かれます。

最速で東京や仙台に
到着したいのであれば
少し運賃は高くなりますが
はやぶさ号をおすすめします。

時間に余裕があれば
やまびこ号での移動が安くて
お得です。

はやぶさ・やまびこ・なすの号は停車駅が違う

「はやぶさ」「やまびこ」「なすの」号の
東京〜仙台間の停車駅です。

  はやぶさ やまびこ※1 なすの※2
東京
上野
大宮
小山
宇都宮
那須塩原
新白河
郡山
福島
白石蔵王
仙台

※1「やまびこ号」はこれ以外にも
停車駅が異なります。

※2「なすの号」那須塩原駅止まりです。

この表からも分かるように
福島に行きたいのに
「はやぶさ号」に乗車すると
通過してしまうので
ご注意ください。

はやぶさ号には自由席がない

「やまびこ号」と「なすの号」には   
普通車にも自由席がありますが
「はやぶさ号」の普通車は
全席指定となっています。

各列AとB・E席は隣に乗客がいると狭く感じる

窓側AとE席の隣の座席BとD席に
他の乗客がいると
自由に身動きができなく
窮屈に感じます。

通路側CとD席は隣に
知らない乗客がいても
通路がある分、AとB・E席のような
窮屈さはありません。

今回の乗車データ

参考までに僕の乗車時のデータです。

・乗車日 2022年6月

・乗車列車 東北新幹線
はやぶさ18号(普通車指定席)

・乗車区間 仙台 12:30発
東京 14:04着

・運賃 閑散期にあたるため11,210円
通常期の場合11410円
(普通運賃:6,050円  
特急料金:5,160円)

JRE POINT特典チケット 新幹線YEARスペシャル
(2022年10月7日終了)

JRE POINT特典チケット
新幹線YEARスペシャルは
2022年10月7日をもって
終了しました。

引用 JR東日本
JRE POINT特典チケット
新幹線YEARスペシャルは
2022年東北新幹線開業
40周年を記念して
期間限定でJR東日本の
JRE POINT特典チケットが
通常交換ポイントの
半分以下で乗車できる
お得なサービスです。

(例)東京から仙台に行く場合

普通車指定席 通常期運賃 11,410円
通常交換JRE POINT 7,940ポイント
新幹線YEAR2022限定ポイント
3,900ポイント

JRE POINTは1ポイント1円換算なので
とてもお得な特典チケットです。

次回は2022年9月26日〜10月7日です。

この時期に東北新幹線を
利用する予定がある方は   
検討してみてはいかがでしょうか。

JR東日本のJRE POINTをためるには
JR東日本のビューカードが必要となります。

JALカードSuicaでも
ビューカード機能があるので   
えきねっとやJR東日本の商業施設などの利用で
JRE POINTを貯めることができます。

JRE POINTもたまるJALカードSuicaの詳細はこちら

東北新幹線E5系座席選びポイントのまとめ

東北新幹線の乗車目的によって
おすすめする座席も異なるので
ここでまとめてみました。

①車窓を楽しみたいなら
各号車AとE席の窓側がおすすめです。

②車内移動をよくする場合は
各号車CとD席の通路側がおすすめです。

③充電コンセントを利用したい場合は
各号車AとE席の窓側と
進行方向の最前列をおすすめします。


ただし最前列は上りと下り列車によって
異なります。

④広めのシートテーブルを
利用したい場合は各号車進行方向の
最前列になります。

⑤大きな荷物をのせる場合は
各号車進行方向に関係なく
1A〜C席と2D・E席がおすすめです。

⑥「はやぶさ号」は
他の東北新幹線「やまびこ号」と
「なすの号」より特急料金が
高く設定されているため
運賃が割高です。

「はやぶさ号」は速達便のため
大宮〜仙台間ノンストップです。
停車駅にご注意ください。

「はやぶさ号」には
他の東北新幹線「やまびこ号」と
「なすの号」と違い
普通車自由席がありません。

東北新幹線E5系はグランクラスや
グリーン車も併結されていますが
安く行くのであれば普通車になるので
この記事で座席選びの参考に
してください。